マルタ設計/ロゴ画像
耐震ドクターへのログイン状態画像 メールアドレス

パスワード

「耐震ドクターへのログイン」リンク画像 パスワードを忘れたら
メンバー登録のご案内
「診断可能な住宅」のイメージ画像
耐震ドクターは下記の住宅に適用が可能です。
構造 木造 「一部RC造」「一部鉄骨造」などの複合構造には適用できません
工法 在来工法 2×4(ツーバイフォー)、ハウスメーカーのパネル工法などの工法には適用できません
階数 1〜2階建て 地階を含む場合は適用できません
平面形状 矩形平面形状 曲面の壁、斜めの壁などの特殊な平面形状には適用できません
断面形状 通常の1〜2階建て スキップフロアや大きな吹き抜けなどの特殊な断面形状には適用できません
診断計算が不可能となる欠陥について
診断計算は地盤性状や老朽度などの要素を取り入れていますが、以下の部分に欠陥があると診断ができません。
・建物周辺地盤 ・柱脚部 ・構造上重要な部分 ・継手、仕口の緊結 ・水平構面 ・増築部分の一体性
診断の際は上記の欠陥の発見に努め、必要であればその欠陥の補強などを行わなければ、診断計算は成り立ちません。
詳細
耐震ドクターのプログラム上の仕様制限について
耐震ドクターは、プログラム上の仕様として以下の様な制限があります。
建物の大きさ 横10間(約18,200mm)×縦8間(約14,560mm)まで
最小作図寸法 900mm/910mm[半間]/1,000mm もしくは 450mm/455mm[4分の1間]/500mm(詳細
耐震ドクタートップ耐震ドクターとは?利用上の注意|診断可能な住宅|計算方法診断結果の取り扱い方
診断結果の考察方法重心と剛心水平抵抗力壁配置のバランス
操作ガイド | ホーム | 会社概要 | 個人情報保護について
Copyright (C) 2002-2003 EPONET Inc.