マルタ設計/ロゴ画像
耐震ドクターへのログイン状態画像 メールアドレス

パスワード

「耐震ドクターへのログイン」リンク画像 パスワードを忘れたら
メンバー登録のご案内
「診断結果の考察−水平抵抗力」のイメージ画像
「水平抵抗力」とは、地震時の水平力(建物を横方向に揺らそうとする力)に対する抵抗力の大きさを表わしています。
水平抵抗力は、建物に必要と想定される「所要有効壁長」に対する、
建物全体が有している耐震上有効な「壁量」の比率から求められます。
診断計算によって求められた水平抵抗力D×Eの値に応じて、次の様な対策が必要となります。
水平抵抗力D×Eの算定値
考察
D×E > 1.5
耐力壁の量は十分と考えられる。
1.5 ≧ D×E > 1.0
耐力壁を新たに設けることが望ましい。
1.0 ≧ D×E
耐力壁を新たに設けることが必須である。
地震に強い建物にするには、水平抵抗力が十分に必要なだけでなく、
偏心(重心と剛心のズレ)が少なくなる様に壁がバランス良く配置されている必要があります。
 
補強の際も、この偏心(重心と剛心のズレ)を少なくする様に、壁配置のバランスを考慮しなければなりません。
 
壁配置のバランスが崩れる位置や方向に壁を増やした場合は、水平抵抗力が増加しても偏心の評価点が減少し、
総合評価点が下がる場合があります。
補強によって壁配置のバランスが崩れてしまう例
 
耐震ドクタートップ耐震ドクターとは?利用上の注意診断可能な住宅計算方法診断結果の取り扱い方
診断結果の考察方法重心と剛心|水平抵抗力|壁配置のバランス
操作ガイド | ホーム | 会社概要 | 個人情報保護について
Copyright (C) 2002-2003 EPONET Inc.